こんにちは、長谷川です。

副業解禁や本業の在宅ワークなどで時間ができた。
何か副業で在宅ワークできることはないだろうか?

今回はこういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 【絶対禁止】在宅ワークにおすすめできない副業5選
  • おすすめの在宅ワークの選び方【副業でもok

この記事を書いている僕は、会社員の副業でネット完結の在宅ワークで月90万稼ぎました。
現在、会社設立して4年目の基本在宅のフリーランスです。

こういった背景の僕が
在宅ワークにおすすめできない副業を5つ紹介します。

 

スポンサーリンク

【絶対禁止】在宅ワークにおすすめできない副業5選

今回は月に数万円とかではなく、しっかり収入の柱を作っていく。
会社に頼らなくても生きていけるようになる。
といったような前提のもとおすすめできない副業の在宅ワークについて書いてます。

おすすめできない在宅ワークはこちらです。

  1. クラウドソーシング
  2. 内職
  3. ポイントサイト
  4. 投資
  5. 楽して稼げる系

こういったものって確かにイメージ通り
『簡単』で誰でもできるものですがオススメしません。

 

1.クラウドソーシング

インターネットを活用して不特定多数の人に業務を委託する仕組みです。

有名なサイトには
クラウドワークス
ランサーズ
シュフティ
などがある。

 

アンケート・モニター調査

クラウドワークスの簡単な在宅ワークで可能な案件として
『アンケート・モニター調査』があります。

クラウドワークスで募集されているアンケートの多くは
アンケート1件あたり所要時間5分で報酬が10円や20円といったものばかりで
時給に換算すると100円~200円程度ものが大半を占めます。

画像の案件はまだ優良なほうであり
これでも時給換算で360円程度・・・

引用:副業手帳

当然ですが時給100円だと1日8時間働いても800円にしかなりません、、、

 

ライティング

初心者では1文字0.25円~1円が相場。
時給だと500円ぐらいで考えた方がいいです。

実際書く時間だけでなく、リサーチしたりするような時間もあるので、
もっと時給が低くなることもザラです。

ただし、ライティングスキルを磨いて
単価の高い案件を獲得できるようになったり
スキルを活かしてビジネスを始めるためのステップならあり。

ただし、お小遣い稼ぎで考えてやるなら
アルバイトしている方がよっぽど楽で稼げるのが現状です。

 

内職

内職にはシール貼り、袋詰め、キット作りなどがあります。

内職の中でもメジャーで割と稼げると言われているのが『シール貼り』のようです。
シール貼りの内職は1枚1円ほどの報酬です。

単純作業で誰でもできますが想像通り、決して楽ではありません。

長時間シールを貼り続けるのは、メンタル的にも難しく
頑張って1時間で400枚のシールを貼って400円稼いでも
次の1時間で時給400円を保つのは難しいです。

また、ペースとしては1時間250枚ぐらいが平均で
1枚1円としても、時給250円です。

内職の基本的な特徴として
作業単価が非常に低いが誰でも簡単に家で可能といったところなので
もしやるなら本当にお小遣い稼ぎぐらいの感覚でやるのがいいです。

 

ポイントサイト

ポイントサイトには以下のようなサイトがあります。
げん玉
ハピタス
モッピー

ポイントサイトでの稼ぎ方

クリックしてサイトを見るとポイントがもらえたり
資料請求したり会員登録・アンケートに回答などをするとポイントがもらうことができます。

例:モッピー資料請求(1Pを1円で交換可)
例:アンケート資料請求(1Pを1円で交換可)

そのポイントを現金化することが可能なので
ポイントを貯めて現金化して稼ぐのは基本的な稼ぎ方です。

正直、一度ポイントを得た案件などは
繰り返しの参加ができないものも多いため、初月などは5万円ぐらいは可能ですが
継続して稼ぐという点では月収1000円ぐらいが限界だと思います。

 

投資

しっかり収入の柱を作っていく。
会社に頼らなくても生きていけるようになる。
といったことを考えると投資は割とまともなのですが

“在宅ワークとして副業で投資をした方がいい人”
っていう人が、
あまり該当者がいないといった点であげました。

逆に、投資に手を出したばっかりに全然上手くいかない。
なんてことにもなりかねないです、、、

投資をやるべき人
  • お金に余裕があって銀行においてるぐらいなら増やしたい人
  • 今すぐ稼ぐ必要はなく1、2年後に投資で稼げるようになりたい人

こんな人は投資もありです。
投資では利益額、メンタルを考えても資金力が非常に重要です。

ただし、お金に余裕がある人なんてあまりいないので、在宅ワークとしてはおすすめではありません。

 

楽して稼げる系

これが一番やったらダメな在宅ワークです。

いかにも怪しいのですが
“1日5分スマホだけで月100万円”とかのよくあるやつです。

先ず絶対に稼げない上に教材費が馬鹿高いです、、、
楽して儲けようという思考は、後にあまりいい結果を生まないので注意が必要です。

 

おすすめの在宅ワークの選び方【副業でもok

在宅ワークを選ぶときのポイントは
自分の市場価値の高い在宅ワークを選ぶことです。

市場価値が高いことで案件単価、時給も高まります。

市場価値が高い人の例として、
副業でおすすめできない在宅ワークであげた『クラウドソーシング』ですが
ライティングスキルがあって市場価値が高い人であれば実は結構稼げます。

逆に、誰でもできる単純作業のようなものは、単価も時給も低くなります。

  • 高い報酬を払ってでもあなたにやってもらいたい
  • スキルをつけて自分でビジネスを構築してしまう。

在宅ワークでしっかり稼いでいくには
この2つのどちらかになる必要があります。

 

始めから市場価値の高い人はいない

自分にはスキルもないし、在宅ワーク無理だな。と思った人もいると思いますが問題ありません。

しっかりと在宅ワークで稼いでいくには
何かしらのスキルを磨くや自分の市場価値を高める必要があると分かっただけ、一先ずOKです。

 

次は、スキルを磨いて市場価値を上げていこう

在宅ワークを始めても始めは稼げないと思います。
なぜならスキルがないからです。

しかし、しっかり実践の中でスキルを磨いていけば
月収で10万、20万とかどんどん増やすことは可能です。

僕の場合、副業では90万まで稼げました。
時間はかかるかもしれませんが、頑張りましょう。

 

どんなスキルを磨けばいいか?

しっかりと収入の柱となる在宅ワークを選択し
必要なスキルを実践で磨いていくことが大事です。

しっかりと収入の柱となる在宅ワークとしては色々ありますが、思いつくものを上げてみました。

アフィリエイト
ブログ
物販
プログラミング
動画編集

他にもあると思いますがよく耳にするものはこちらです。

長谷川のおすすめは物販です。
理由は【解説】ブログと物販どっちがオススメ?【副業初心者向け】で書きました。

 

自己投資も必要

在宅ワークでずっと1、2万稼ぐとういうことなら
今回はおすすめできない副業の在宅ワークであげたものもありです。

しかし、スキルを磨いたり市場価値を高めて
収入の柱としていくようであれば

自分自身に対して『時間』『お金』『労力』を投資していくことが大事です。
楽しては稼げないですが、継続して頑張る価値は十分にあります。

そうやってしっかり取り組んでいけば
在宅ワークが副業から本業になっていた!なんて日も遠くはないです。

 

今回は以上です。
在宅ワークにおすすめできない副業を5つ紹介しました。
また、おすすめの在宅ワークの選び方についても解説したので参考にしてみてください。

 

人気記事【初心者必見】せどりコミュニティをお手頃価格で始動します【高額塾に入る必要なし】

人気記事副業【超】初心者向け!物販ビジネスコミュニティ(オンラインサロン)

人気記事【会社員限定】サラリーマンにオススメな不労所得の作り方【結論:不動産投資】