あなたは自分がどんな老後の人生を送るか想像したことはありますか?

老後。

それは誰しもに必ず訪れます。しかし、おそらく皆さんは、まだ何十年も先のことだと感じていて、「老後なんてまだピンと来ない・・・」と思っている方が多いのではないでしょうか。

しかし、老後のことを今から考えておかなければ、実際にその時を迎えた時に「あの時もっと真剣に考えていればよかった」と後悔することになる。僕はそう感じています

 

そこで今日は、「あなたの老後は大丈夫?資産形成の必要性」についてお伝えしていきますので、皆さんもぜひ一緒に考えていただけたらと思っています。

▼動画でご覧になりたい方はコチラから▼

 

資産形成とは何?

資産形成と聞いて、皆さんは具体的にどういったものが思い浮かびますか?

「不動産投資」や「株式投資」などはよく耳にすると思いますが、ピンとこない方の方が意外にも多いものです。

資産形成とは財産を運用して、資産を作り上げていくこと。
簡単に言えば、自分のお金を増やし、守っていくことです。

そして、その資産形成がなぜ必要なのか?を考えないといけない大きな理由の一つが、老後の備えのためなんですね。

 

将来に不安を感じている人は実に○○%もいる!

日本の将来に不安を感じている人の割合がどれくらいかご存知でしょうか?

その割合はなんと69%にものぼると言われています。
実に7割近くもの人が、自分の国の将来に不安を感じているということなんですね(^-^;

中でも、『年金がもらえないと感じていること』『老後の生活費に対して不安を感じていること』が大半を占めていて、これらから、「お金という部分」に対する不安が多いことが分かります。

それに対してこのままではいけないと考えていても、実際の行動に移している人は少なく、しっかりと準備する必要性を感じている人は、とても少ないのが現状です。

 

老後に備えるにはどのくらいのお金がいるの?

では実際に、老後はいくら位のお金が必要になってくるのでしょうか?

現在、一般的なサラリーマンとして働き続けた場合、年金の支給額は約14万円、夫婦の場合だと月22万円の支給です。
そして多くの人はこれらの年金、または貯金や退職金を「老後の生活のあてにしている」のですが、本当にそれだけで大丈夫なのでしょうか?

「老後破産」などの言葉があるように、老後に非常に苦しい生活を強いられている人が多いのはご存知でしたか?なぜそのような状況になるかと言うと、当てにしていたお金以外の想定外の出費があるからなんです。

特に高齢になれば医療費がかさむことを考えると、老後にゆとりある生活を送るためには月に約34.9万円ものお金が必要だとも言われています。

平均寿命が80歳付近に達した現代、65歳で退職したとして、80歳までの25年間でいくら必要となるか計算してみましょう。

34.9万円×12ヶ月×25年
=104,700,000円

実に一億円以上のお金が必要となるんですね(^_^;)
退職後までに、あなたはそれだけのお金を準備していますか?

 

資産形成をしていないとどうなるの?

年金がもし出なければどうしますか?
退職金がもらえるまで健康に働き続けられますか?

様々な不安要素がありますが、問題点としてみてもらいたい主なポイントを挙げてみます。

  1. 受給年齢の引き上げ
  2. 受給額の減額

この2つは、ほぼほぼ起こるだろうと言われているし、もっというと貰えないだろうと予想されています。

 

昔の年金の考え方は、一人の老人を若い人たちがいっぱい支えている状態でした。
あなたが払った年金は、そのまま支給されていました(将来のために貯められていたわけではなく、すぐに支給に使われていたわけです)

 

今は、たった2人の若者で一人の老人を支えている状態で、2065年には一人の若者に負担がかかってくる状態だと予想されているんです。

自分の年金が一人の老人の生活をまかなっている。そんな時代が迫っているんですね。

これだけ状態はどんどん悪化しているのに個人で対策をしていなければ、個人の財政は厳しくなるばかりという事が、想像していただけると思います。

資産形成を個人でやらなければいけない理由は、ここなんですね。

 

 

年金の未来はどうなってるの?

年金制度ができた当時は、支給年齢は55歳、平均寿命は65歳でした。つまり、その10年間を賄うためだけの制度だったんです。

それが今では、支給年齢は65歳まで引き上げられ、平均寿命は80歳前後となっています。
なんと当初の2倍にあたる、20年間もの生活を賄う必要が出て来てしまったんですね。

そうのると当然改革が必要となり、どういう改革をされるかと言うと、

  1. 支給年齢の引き上げ
  2. 減額
  3. 制度の消滅

などが出てきます。

僕たちが老後になる時代には、年金(お金の支給)自体が無くなっていてもおかしくはありません。
だからこそ、今からしっかり個人個人で備える必要があるんです。

 

まとめ

老後破産など、老後の生活を破綻させないためにも資産形成の必要性をいくつか述べました。
それに加え、もう一つ、資産形成をして欲しい理由があります。

それはお金にとらわれない生き方をしようということ。

子供を育てるのに必要なお金、マイカーやマイホーム、想定外の病気や事故など、生きていく中ではお金の悩みはつきまとい続けますよね。

ですが、早い段階でしっかりとお金の運用を学び、実践していくことで、お金にとらわれない生き方・理想の未来を築くことが出来るんです。

本来のあなたの人生を、お金に困ったり苦しい生活を強いられたりしないためにも、資産形成が必要なのですね。

誰でも正しく学べば資産形成が当たり前に感じるようになりますし、各個人が意識を持っていただけたら、日本の将来を不安に思う若者の数も減っていくのではないでしょうか。

そして、一人ひとりが豊かになるために。

資産形成の知識を学びたい、より具体的な方法を知りたいという方は
下記の記事で資産形成の『進め方』『失敗しない方法』についてまとめています。

具体的にどうやって資産形成を進めていけば良いか?あなたが将来に備えるために Part.1

具体的にどうやって資産形成を進めていけば良いか?あなたが将来に備えるために Part.2

資産運用とは何か?その目的と正しい考え方で失敗しない方法を学ぶ