こんにちは、長谷川です。

起業したいけど、何から始めたらいいんだろう?
会社員から副業で始めたいな。資金もあまりないしどうすればいいんだろう?

今回はこういった疑問に答えていきます。

 

本記事の内容

  • ネットで起業!会社に依存しないライフスタイルを送る方法【徹底解説】
  • ネットで起業してみて分かったメリット・デメリット【体験談から話す】
  • ネットで起業する方法の将来性【ビジョン】

 

この記事を書いている僕は、ネットを使って1年半の副業から起業しました。
現在会社は4期目で、昨年は年商1億達成しました。
完全テレワークで従業のいない1人会社なので自由です。

 

スポンサーリンク

ネットで起業!会社に依存しないライフスタイルを送る方法【徹底解説】

僕の友達や知り合いのネット起業した方法は以下です。

  • ネット物販で起業
  • アフィリエイトで起業
  • 情報発信で起業

個人事業主であれば、他にも方法はあると思います。
『フリーランス 種類』とかでググればいっぱい出てきます。

 

補足記事

副業で転売がビジネス初心者にオススメと言われる理由【メリット3つ、デメリット2つで解説】

フリー ランスになるには?3ステップで徹底解説

 

掛け合わせネット起業の方法が長谷川流

ネット起業の方法を3つ上げましたが
あれを見るとどの方法がいいかな?と考えがちです。

しかし、それぞれのメリットデメリットがあるので
掛け合わせていいところだけ取っていくのがおすすです。

 

物販 ×    情報発信

物販
再現性:
資産性:×

情報発信
再現性:×
資産性:

再現性がある方がもちろん起業しやすいです。
一方で資産性がないとネット起業してもあまり会社員と変わりません。

そこで再現性が高いネット物販と情報発信を組み合わせた
ネット起業の方法が出てくるわけです。

 

1をネット物販、1100を情報発信

情報発信といっても『何の情報を発信しよう?』
悩む人が99%かと思います。

情報発信では
人が興味を持つものや、自分にしか発信できない情報を発信する必要があります。

この情報発信の”情報”部分を担うのがネット物販になります。
ネット物販で副業で月に10万でもいいので稼いでみましょう。

世の中のほとんどのサラリーマンは興味を持つと思います。

そして、ネット物販で副収入が確保できたら、一気に情報発信でネット起業を目指しましょう。

 

自由なライフスタイルを送りたいなら、従業員は雇わない

自分自身が社長というだけでも
縛られるルールがないので、確かに自由です。

例えば、当たり前ですが
起業して3年一度も怒られたことはないです。笑

ただし、従業員や上場すると株主等がいると
やはり1人会社に比べて自由は制限されます。

従業員には9時から働けと言って
自分は9時まで寝てるなんてことはできないですよね、、、

 

自由なライフスタイルはストレスフリーを生む

僕はストレスゼロです。
起業して変わったことは3つです。

  • 収入面
  • 時間面
  • 精神面

正直、収入や時間に憧れがあってネット起業を目指しましたが
今となって一番大きな部分は精神面だと感じてます。

 

ネットで起業してみて分かったメリット・デメリット【体験談から話す】

ネットを見てるとネット起業のいいところしか見えて来ません。
だから怪しく見えるんだと思います。笑

ここでは、メリット・デメリットを伝えていきます。

 

ネット起業の3つのメリット

リスクが圧倒的に低い

起業って聞くと何百万、何千万円必要なイメージはありませんか?
ネット起業の場合、初期費用を考えれば誰でも参入が可能です。

例えば、情報発信なら
・テナントを借りる訳でもない
・レジをリースしたり買う必要もない
・従業員も雇わなくていい

失敗しても借金まみれになったりはほとんどなく
初期費用が通常の起業に比べれば、ほとんどかかりません。

 

収入が青天井

リスクが圧倒的に低いことの裏返しにもなりますが
努力がしっかり返ってくるのもネット起業による起業方法です。

ネット物販は収益の限界がある

仕入れ費用に対する利率が利益になるため
どれくらい仕入れる資金があるかによって収益の限界が決まります。

例えば、100万円の資金があるなら
商品の仕入れとして起こせるのは、100万円分なので
ここから50万円の利益が出たら、相当いい方だと思います。

情報発信は青天井

Youtube、ツイッター、ブログを行う。
商品は仕入れではなく、知識や情報と言ったものになります。

つまり原価がありません。

ただの会社員が3年で年商1億を達成できたのも
一月で何千万も稼ぐYoutuberがいるのはこのためです。

ネット物販情報発信がオススメなのもこのためです。

 

自動化が容易

ビジネスを行う上で必ず視野に入れたいのが自動化です。
他の言葉では『レバレッジ』という言葉にも近いものがあります。

通常、起業してビジネスを行う場合
自動化とは、自分の代わりに人を雇って給料を支払うことで仕事をしてもらいます。

これによって自分がその仕事をしなくても、収入が発生する仕組みができます。
ただし、研修が必要だったり、給料を支払う必要があります。

一方、ネット起業の場合の多くは、インターネットによる自動化を行います。

1回のセミナーが1万人に価値を与える

お客さんが1人でセミナーを行った場合
1万人にセミナーするには、1万回の必要があります。

仮に1万人を会場に集めたとしても
会場費がバカ高いや、1万人のイベントは結構大変です。

しかし、1回のセミナーを録画してYoutubeにアップしてみてください。
あなたは家で寝ていても、全国どこかで常にセミナーをしています。

インターネットを集客を求める中小企業

一般に、営業マンを雇って契約を取ってくるような
スタイルの会社の場合
ネット集客のノウハウを知らず、多くのコストを人件費に掛けている会社も少なくないです。

そういった会社にコンサルティング業を行う企業も実際あります。

 

ネット起業のデメリットは2つ

社会性が低い

物を販売するにあたってもインターネット上で完結し、店舗を持たない場合がほとんどです。
また、モラルに掛けた人もいたりします。

昔に比べて、通販利用者が急激に増えていたり
Youtubeに芸能人がどんどん参入したり

ネット自体が大分受け入れられるようになってきたものの
まだまだ、ネットというだけでマイナスイメージを持つ人も少なくないと思います。

稼げる人とそうでない人の差が激しい

原因は参入障壁が低いためだと思います。
正直、インターネットを使って中学生で何百万稼いでいる人もいます。

その分、意識が低すぎる人まで参入してきています。
当然、稼げないです。

ネット起業のために最低50万円は掛けよう

絶対ではないのでお任せしますが
これぐらいのお金を掛けて始めないと
今まで何百人見て来ましたが、人脈、ノウハウ、意識、スキル的にも厳しいと感じてます。

僕の場合も始めて5万稼げるようになるまでに、60~70万ぐらいは掛けています。

また、しっかり稼ぐための意識を高める方法はコチラに書いてあります。

【自己啓発】ビジネス思考法の完全マップ【5ジャンルで徹底解説します】

会社は3年で辞めなさい|長谷川たくま
仕事と人生を100倍楽しくする実践テクニック

 

ネットで起業する方法の将来性【ビジョン】

将来性は不明です。
ただ、ネットが世間にもっと承認されていって、社会性が高くなってくることは間違いないです。

そうなった場合、どんどん稼ぎにくくなっていくことは間違いないと思います。

 

怪しいものほどチャンスはある

もちろん本当に詐欺もあるので、しっかり精査は必要ですが
みんながまだ怪しい(社会性が低い)と思ってるものほどチャンスは大きいです。

資金、人脈もない普通のサラリーマンだった僕が
起業するには、こういった会社員の個人でも勝てる市場を見つけるのは非常に重要です。

 

それでも会社員が起業するならネット起業一択

社会性が低いものにこそ、参入のチャンスがあることは書きましたが
同時にどんどん社会性高まりつつあり、難易度が上がってきている。
とも書きました。

ただ、それでも
費用面、副業からスタートもできることや、収益性を見てもネット起業がおすすめです。

やりたいことをやるためにも資金を貯める。
また、今の内に一生分稼ぎきってしまう。

僕の好きなブロガーさんで
人性逃げ切ろうというコンセプトで情報発信をしている方がいますが
本当にそれぐらい挑戦の価値はあると僕自身も思います。

 

今回は以上です。
ネットで起業して会社に依存しないライフスタイルを送る方法について解説し
合わせてメリット・デメリット、将来性についても解説しました。

ネット起業を考える人は、是非参考にしてください。

 

人気記事【初心者必見】せどりコミュニティをお手頃価格で始動します【高額塾に入る必要なし】

人気記事副業【超】初心者向け!物販ビジネスコミュニティ(オンラインサロン)

人気記事【会社員限定】サラリーマンにオススメな不労所得の作り方【結論:不動産投資】