こんにちは、長谷川です。

フリーランスになるにはどうしたらいいんだろう?

今回はこういった疑問に答えていきます。

 

本記事の内容

  • フリー ランスになるには?3ステップで徹底解説
  • フリーランスになる前にこれだけはやっておきたい
  • フリーランスになったらやるべき3つのこと

 

この記事を書いている僕は、元会社員です。
副業からスタートさせ副業起業支援のコンサルティング会社を設立しました。
その1ヶ月後に退社し、今はフリーランス3年で収入は会社員の10倍になりました。

 

スポンサーリンク

フリーランスになるには?3ステップで徹底解説

3ステップはコチラ

①スキルを身に付ける
②収入確保の目処をつける
③開業届を提出

 

スキルを身につける

先ずはフリーランスでしっかり食べていけるだけのスキルを磨きましょう。
一般的でオススメなのは『物販』『プログラミング』『ライター』『WEBデザイン』『動画編集』などです。

【重要】見落としがちなスキル

フリーランスとして収入得ていくための核となる部分以外にも、必要なスキルがあります。

  • 自己管理スキル
  • マーケティングスキル

自己管理とはお金や時間の管理のことです。
フリーランスになれば全てが自由なので、しっかり自己管理をできるようになりましょう。

マーケティングスキルは案件を受注するのに必要なスキルです。

『物販』の場合あまりなくても問題にはならないですが
その他においては、案件を受注し仕事を取ってくるスキルが必要です。

例えば、あなたのプログラミングスキルがいくらすごくても
『スキルが高いこと』と『仕事の受注』はまた違った話しになります。

マクドナルドが最もおいしいハンバーガーではないが、世界的に圧倒的に売れているのと同じですね。

 

収入確保の目処をつける

会社員では時間的に限界があります。

時間がもっとあれば収入は増えていきそうか?
案件はもっと受注できそうか?
何にもっと時間を使いたいと考えているか?

しっかりと計画的に動いていくのが大事です。

もちろん中には行き当たりばったりで上手くいく人もいますが
僕の場合は、間違いなくどうしようもならなくなるので計画的に進めます。

 

絶対安定を見つけるのもナンセンス

フリーランスになるということは、この先の生き方を変える覚悟でもあります。
フリーランスになったから絶対に人生よくなる保証もないです。

絶対的に安定を求めるといつまで経っても一歩が踏み出せなくなるので
タイトルの通り、収入確保の目処が立てば独立ぐらいで大丈夫です。

この計画的な部分と直感とのバランスはとても大事です。
多くの人は行動できずに終わるので、割と冒険心が強くてもOKですね。

 

開業届を提出

フリーランスになったら絶対に提出しないとダメと思っている人も多いと思います。
ただ、実は提出する義務はないです。

ただ提出することでのメリットがあるのでオススメします。
ちなみに提出期限は事業開始から1ヶ月以内です。

 

青色申告が可能

白色申告に比べて所得税の控除学が大きく
赤字であっても次年度に繰り越せるため、節税効果が大きいです。

稼ぐのは難しいですが、開業届を出すだけで出て行くお金は抑えることができる訳です。

社会的信用が高まる

ローンを組む時や賃貸を借りやすくなるため
早めに開業届を出して、社会的信用を高めておくと後々便利な点が多いと思います。

 

フリーランスになる前にこれだけはやっておきたい

2つあげました。

  1. 会社員の社会的信用を活用
  2. コミュニティを持つ

 

会社員の社会的信用を活用

会社の看板ありがたいもので、サラリーマンというだけで想像以上に信用が高いです。
フリーランスになれば、例え年収で1000万円ぐらいあっても、会社員の平均年収より社会的信用は低いです。

僕がフリーランスになる前に実施したことについて共有しておきます。

クレジットカードを作った

ビジネスにおいて入金は早く、出金は遅くは基本です。

これを可能にするのがクレジットカードなんですが
フリーランスになってからは審査が通らなかったり、可能枠も小さかったりします。

そのため、クレジットカードの作成と枠を広げてゴールドカードにしておきました。

ローンを組んで不動産投資を開始

マイホームや不動産投資などでのローンはフリーランスになる前に必ず組んでおきましょう。

クレジットカードはフリーランスでも後々作れるケースはよく聞きますが
マイホームや不動産投資でのローンは非常に厳しいです。

そのため僕の場合、会社員の内に不動産投資をスタートさせました。
会社員であれば手出しゼロで銀行ローンで開始できるのでオススメです。

不動産投資についてはコチラから

コミュニティを持つ

フリーランスは孤独です。
フリーランス仲間は持っておくことはかなり重要なポイントになってきます。

  • 情報交換
  • モチベーションアップ
  • 世の中の流れ
  • 仕事の広がり

など色々な面で役立ちます。

ちなみに僕の会社では従業員こそ雇わず1人会社ですが
50人以上の人たちと関わりながら仕事をさせてもらってます。

詳細は動画でも話してます!

 

フリーランスになったらやるべき3つのこと

公的健康保険の手続き

基本的には、国民健康保険への加入となります。
区役所なので加入できます。

また、会社を退社し会社への加入を遅らせたとしても、遡って支払う必要があるので早めに加入しましょう。

 

国民年金の手続き

会社員の時は厚生年金に加入していますが、退職に伴い国民年金への切り替える必要があります。
年金手帳や退職日がわかるものなどを持って住まいの役所にいきましょう。

 

収入の柱を増やす

会社員でもフリーランスでもそうなのですが、一生安定はありえないです。

会社の場合、事業を継続するための判断は経営陣がやってくれたのですが
フリーランスになると全て自分で判断していく必要があります。

僕もそうですが、今やってることでずっと食べていけるとは思ってないので
上手くいってる時こそ、新しいことに挑戦していきましょう。

 

今回はこれで以上です。
フリーランスになるためには?やフリーランスになる前、なった後に
準備したいことなどについて書きました。

参考にしてみてください。

 

人気記事【初心者必見】せどりコミュニティをお手頃価格で始動します【高額塾に入る必要なし】

人気記事副業【超】初心者向け!物販ビジネスコミュニティ(オンラインサロン)

人気記事【会社員限定】サラリーマンにオススメな不労所得の作り方【結論:不動産投資】