今回は

圧倒的な差をつけて結果を出す『 魔法のメモ 』

をご紹介します。

 

 

皆さんにも

こんな経験があるのではないでしょうか?

 

 

 

「セミナーで頑張ってメモっても後から見直すことがない」

「メモることに必死で後から見直しても意味不明・・・」

 

 

これって時間と労力が本当にもったいないですよね。

なんならメモらないで講義を聞くことに集中した方がマシです・・・

 

 

 

なんて言う僕も、

以前はメモを取ることがの苦手で (^-^;

先例のような失敗をよくしていました。

 

 

でも

魔法のメモの取り方に変えてからは、

以前と比べ物にならないほど結果を出せるようになっています。

 

 

 

「圧倒的に結果を出したい!」という人は、ぜひ試してみてください。

 

 

動画で見たい方はこちらから↓

 

 

 

これだけ押さえておこう! 結果を出す魔法のメモのポイント

 

結果を出すためにはどんなメモの取り方をすればいいのか?

そのポイントはたった2つ

 

 

  1. なぜメモをとるのか?
  2. 何をメモするか?

 

 

これだけです。

 

 

じゃあ、ポイント2つをそれぞれ解説しますね!

 

 

 

 

1、なぜメモを取る必要があるのか?

 

 

皆さんはセミナーや講義を受けるとき、何を意識してメモを取っていますか?

 

 

たとえば英語の講義を受けたとき、

 

  • 英語を喋れるようになるためメモを取る
  • 英語の点数を上げるためにメモを取る

 

 

という具体に

自分の夢や目標を叶えるためにメモを取るんですよね。

 

 

 

でも

多くの人が陥りやすい失敗として、

 

  • 何のためにメモをとるのか?
  • 自分がどうなりたいのか?

 

 

が明確ではないため、

 

 

ただ講義のメモを取っているだけ・・・

ただ講師が重要だと言ったところをメモするだけ・・・

というメモの取り方をしています。

 

 

そう、『目的のないメモ』を取ってしまっているんです ( ̄◇ ̄;)そんな・・・

それでは結果に結びつくことは難しいですよね。

 

 

 

まず忘れてはいけない大前提

「なぜメモを取る必要があるのか?」というと、

あなたの目標を達成するためだったり、叶えたいものを叶えるため

 

 

つまり

 

 

 

『メモを取る』時に大事なことは、

目的をしっかりと意識して、その目的のために正しくメモを取ること

なんです。

 

 

 

 

 

2、何をメモればいいのか?

 

 

目標や夢を叶えるためにメモを取るとすれば、

どんなことをメモに取ればいいのでしょうか?

 

 

答えは、「自分がどう行動するか」ということです。

 

 

 

たとえば英語の講義を受けたのならば、

その後に「20ページ分の復習をする」「100個フレーズを覚える」など

次の行動をメモします

 

 

 

その行動こそが、

英語が話せるようになったり点数アップを叶えることができるわけです。

講義やセミナーを受けたからといって、英語が話せるようになったり頭が良くなったりするわけではありません。

 

 

 

その後の自分の行動こそが結果に反映するのです。

 

 

 

大事なことは、

「自分が次にどんな行動をするか」です。

つまり、未来に対してメモを取ることが大事なんですね。

 

 

 

 

講義の内容を分かりやすくするためにメモを取っても

その後に行動しなければ結果は何も変わらない。

このことを前提にメモを取ってくださいね。

 

 

 

 

 

メモの取り方を変えただけで会社員の収入を超えた!

 

僕はこの魔法のメモの取り方を実践したことで

一気に副収入が会社員の収入を超えました。

 

 

当時は会社員をしながら副業の転売で月5~10万円くらいの収入を得ていたのですが、

その副収入が爆発的に上がったのは魔法のメモの取り方を取り入れてからです。

 

 

 

これまで

いかに無意味なメモの取り方をしてきたのか・・・

と痛感させられました。

 

 

 

 

最も結果に結びつくメモの取り方は、TODOリストを作ること。

 

 

講義やセミナーの中であなたにして欲しいことは、

講師の話す内容を分かりやすくするためにメモを取るのではなく、

「次にどんな行動をするか」というTODOリストを作っていくことです。

 

 

講義を聴きながら、

「なるほど、こういうことか、じゃあ自分は次に◯◯をしよう」

ということをメモに取っていくんです。

 

 

 

この「講義を受けながらTODOリストを作る(メモを取る)」ことによって、

“ 講義を聞いて終わり ” にならず、

 

実際に次の行動に移すことができます。

 

 

 

いい本を読んだ時も

「いい本だった」で終わりにするのではなく、

いいアドバイスを受けた時も

「いいアドバイスが聞けた」で終わりにするのではなく、

 

 

次の行動に移すからこそ現状を変えていくことができるんです。

 

 

 

圧倒的な結果を出すためには、

自分が次に何をするかをメモる(考える)こと。

 

 

 

これをすることで、あなたの結果が大きく変わってきますよ。

ぜひ

講義やセミナーを受ける際には魔法のメモの取り方を試してみてください!(^ ^)