「FXって難しそう…」

「忙しい人には向いてないんじゃない?」

 

こんなふうに、

「FXで稼いぎたいけど自信がない」っていう人、意外に多いものですよね。

確かに、FXには覚えないといけない知識やマインドなどが沢山あります。

例えば、FXの取引を行う会社選びもそうです。

いくら稼ぎたいのか?

自分が投資出来る資金はいくらなのか?

などをしっかり計画した上で、数ある中から最適な会社を選びとることが重要です。

 

 

でも、「難しそう」と言って、

ただ指をくわえてみているだけじゃもったいない!!!

なぜならFXは、

時間の切り売りで得られるお金とは差にならないほどの大きなリターンを得られるなど、

やらなきゃ損する投資のひとつだからです。

 

それに、FXでなぜ稼ぎたいのかを考えたとき、

おそらく、副業で収入を増やしたかったり、脱サラしたいなどの

その先の目的があるはずです。

 

 

大丈夫。

難解に思える数学も、九九から始めるようにひとつひとつ覚えていけばいいのです。

そこで今回は、FXライフをスタートさせたい方のために、

「初心者のためのFXの始め方」を厳選してまとめていますので、

ぜひワンステップを踏み出してみてほしいと思います。

 

 

 

そもそもFXって何をするの?

 

FXは簡単に言うと、

2国間の通貨を、「売る」か「買う」かして、その差益を得ることです。

 

例えば、あなたが手元に100円を持っているとして、次のような取引をするとします。

  • 1ドル100円のときに1ドル買う(100円を1ドルと交換)
  • 1ドル120円になったら1ドル売る(1ドルを120円と交換)

この取引によって、もともと持っていた100円は120円になり、20円の利益を得ましたね。

FXとは、この仕組みで利益を狙うことです。

 

 

これならわかる!FXとは?

 

FXの正式名称は、外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)です。

「証拠金取引」とあるように、円、ドル、ユーロ、ポンドなど、

異なる2国間の通貨を買ったり売ったりする取引をします。

 

 

例えば、日本円で米ドルを買うと、「ドル買い」と「円売り」となります。

もちろん円以外にも、ユーロでイギリスポンドを買ったり、

米ドルでオーストラリアのドルを買うなどのように、さまざまな通貨の取引ができます。

 

よくニュースで、「今日の東京相場は、1ドルあたり120円で取引されています」

などと聞くことがありますよね。

これは、通貨の価値のことです。

つまり、「1ドルに対して、日本円は120円の価値がある」ということですね。

 

 

そして非常に重要なのが、通貨の価値(レート)は常に変動するということです。

FXでは、通貨の価値(レート)が変動する動きを利用して、利益を出します。

ちなみに、通貨を交換するときは、「交換レート」と言います。

詳しく説明しますね。

 

 

 

例をみていきましょう!

例えば、次のような取引をします。

  • 1ドル100円のときにドルを買う
  • 1ドル120円になった時に売る

 

仮に、10万円で1千ドルを買っていれば、利益は2万円になります。

一方、100万円で1万ドルを買っていれば、利益は20万円になります。

このように、買った通貨がのちに上昇する場合、通貨を多く買えば買うほど利益が出ます

つまり、通貨がのちに上昇するか、もしくは下降するかをしっかり予想できるかどうかが、非常に重要となってくるわけですね。

 

利益を上げるためには、

「通貨がいつ高くなるか」「通貨がいつ安くなるか」のといった、相場の流れを把握し、

取引のタイミングを身につけることが欠かせません。

 

 

また、相場というものは、海外の紛争や経済など世界のさまざまな情勢に左右されるため、

それも含めた判断が必要となります。

 

 

ここまでで、

「そんな難しい判断はムリ…」

なんて思ってしまうかもしれませんね。

でも、大丈夫です。

 

 

なぜなら、

未来の値動きを予測するために、過去の値動きをグラフ化したものを見て取引ができるからです。

この、過去の値動きの変動(時間や価格)をグラフ化したものを、「チャート」と言います。

チャートはFXの基本中の基本ですから、絶対に覚えておきましょう。

 

 

チャートを見る力

 

チャートを分析するにも様々な手法があります。

初心者の方は、「これさえ覚えればチャートを読める!」といったものからマスターするようにしましょう。

それは、「ローソク足(あし)」を使ったチャートです。

 

ローソク足を使った代用的なチャート

 

 

 

このように、ローソク足は長方形の形をしていて、たくさんの情報が詰め込まれています。

慣れるまでは難しく思えるものですが、その意味さえ理解してしまえば、

初心者の方でもチャートを見てFX取引ができるようになります。

(このチャートの見方については、後記事で詳しく書いていきたいと思います。)

 

では最後に、FX取引を始めるにあたっての流れを見ておきましょう。

 

 

取引開始までの3ステップ

 

FXを始めるにはまず、FX会社で口座開設と入金をしましょう。

 

1、口座開設

  • 「新規口座開設はこちら」というボタンをクリック!
  • 申込フォームに必要情報を入力!
  • 本人確認書類とマイナンバー書類の写真をアップロード!

 

2、入金

振込専用口座に振り込むか、ネット上で入金する。

 

3、取引を行う

知識として覚えておきたいのが以下です。

  •  必要書類を提出すれば2~3日で始めることができる
  •  書類の提出はスマホで写真をアップロードするだけ
  • 免許証やマイナンバーカードが無くても他の書類できる

取引する通貨、注文方法など、自分にあったものを選ぶようにします。

また、

FXはPCだけではなく、スマートフォン、タブレットなどでFX会社の専用アプリも使えます。

FXを扱っている会社は10社以上存在するので、

それぞれの特長を比較し初心者の方にあったところを選びましょう。

 

 

次回は、FXの3大メリットをご紹介します。