今回は

「収入が上がる魔法の言葉」をご紹介します!

 

「頑張っているのに、収入が全然上がらない・・・」

 

多くの人が、こんな悩みを持っているのではないでしょうか?

 

収入が上がらない原因は、

「収入が下がる言葉」を使っているせいかもしれません。

 

「不景気だから仕方ない」

なんて思っているとしたら、それは違います。

 

収入が上がる人は

景気などの“条件に関係なく”、どんどん上げ続けます。

 

なぜなら、収入が上がる言葉」を使っているから

 

では、収入を上げるための魔法の言葉とは一体どのようなものなのでしょうか?

早速解説していきます!!

 

動画で見たい方はこちらから↓

「収入を上げる言葉」と「収入を下げる言葉」

成功者たちの共通点の一つに、

使う言葉と使わない言葉を持っています。

 

もっと言うと、

使う言葉と使わない言葉を、自分で決めていると言った方が正しいでしょう。

 

もちろん「収入を上げる言葉」は意図して使い、

「収入が下がる言葉」はゼッタイ(ここが大事!)使いません。

なぜ、成功者はそれほどまで言葉に氣をつけるのでしょうか?

 

皆さんも収入を上げたかったり、仕事で成功したいと思うなら覚えておいてください。

『使っている言葉を変えること』は、ガラリと人生が一変するほど重要なのです。

 

使う言葉を変えると、まずは3つの変化があります。

 

自分自身がポジティブになれる

相手にいい印象を与えられる

ポジティブなあなたに仕事を任せたいと思ってもらえる

 

いい言葉を使っている人に仕事がたくさん回ってくるのは当然です。

人は、相手が使っている言葉で相手を判断しています。

人は、ポジティブで前向きな人に仕事を任せたいのです。

 

そのことを成功者は知っているのです。

人・現実を動かす言葉

次の2つのフレーズを読んでみてください。

  1. 「この薬を使うと、使わない人に比べて32%虫に刺されにくくなります。」
  2. 「この薬を使わないと、使った人に比べて32%虫に刺されやすくなります。」

 

同じことを言っているにもかかわらず、

2の方が、薬を使いたくなる人は増えます。

言い方を変えただけで言葉は人を動かします。

 

注意するべきは、言葉は相手だけじゃなく自分にも影響を与えているということです。

つまり、自分が発する言葉は、

ダイレクトにそして無意識レベルで自分を動かしているのです。

 

人のカラダが食べたもので作られるのと同じように、心は言葉で作られます。

ポジティブな心もネガティブな心も、「あたながどんな言葉を使っているか」で作られているのです。

 

また、人の脳は不思議で使う言葉に応じて錯覚します。

例えば

あなたがものすごーく落ち込むような状況になったとしても、

前向きで明るい言葉を使うと脳はその言葉が真実だと捉え、どんな状況でも幸せや喜びを感じるようになります

状況によって心が作られるのではなく心は使う言葉で作られていくのです。

 

ポジティブな言葉を使い続けることで、

あなた自身がポジティブに形成されていくということです。

 

そして、ポジティブで前向きな言葉を使う人に

人は仕事を任せたい、一緒に仕事がしたいと思うものです。

自分を変えるための、「7つの禁句」

「収入が上がる言葉」を意識して使っていくにあたって、

「収入が下がる言葉」は使わないと決めておくことも大事です。

 

まずは、この7つだけでいいので、マスターしてください。

 

1.「でも」

2.「だけど」

3.「だって」

 

まず、この3つは禁区です。

この言葉を使うと、言い訳をすることができるからです

皆さんも、「でも・・・」「だって・・・」などと言う人に仕事を任せたいとは思えないですよね。

 

「失敗も成功も全ての結果の原因は自分自身にある」

という自己責任マインド(オーナー意識)がなければ

大きく収入を上げることなんてゼッタイにできません。

 

次の3つの言葉も禁句です。

4.「もし」

5.「たら」

6.「では」

「もしお金があったら」

「もし時間があったら」など、

条件のせいにしたり、保証を求めていたら何も変わりません。

 

もしお金があったら・・・」と言うのは、

「お金がないからできません」と言い訳しているのと同じです。

 

条件によってできないのであれば、それも含めて実力はそこまでということです。

どんどん成功する人は、できない理由はゼッタイに言いません。

今いる状況や条件で、ただ出来ることを考え抜くだけです。

 

最後の7つ目の禁句は、

「とりあえず」

 

なんとも雑な言葉ですが、多くの人がこの言葉をめちゃめちゃ使ってますよね。

 

例えば、仕事の方法などを決める時に「とりあえずソレでいい」などと言っていませんか?

それは、何個かあるうちの1つを惰性で選んでいるということです。

「これでいこう!」と言うだけで、仕事がデキる人に見えますよ。

 

このように言葉に気をつけるだけで、人から見られる印象が変わり

 

仕事がデキる人と思われるようになると

仕事を任せてもらえるようになり

収入が増えるようになります。

 

さて、

最後に大事なことを話しておきますね。

 

言葉を変えること自体が大事なのではなく、

実際あなた自身が使えるようになること何より大事です。

 

小手先のテクにならないように、

自分の当たり前にまで落とし込むことが大事です。

 

それには、普段から「収入が上がる言葉」を意識して使っていくことです。

そうすれば、いずれ無意識レベルになり

意識しなくても「収入が上がる言葉」を勝手に使うようになっていきます。

 

これまでの自分を振り返ってみて、「収入の下がる言葉」を使っていたなあ・・・( ̄◇ ̄;)

と落ち込む必要は全くありません。

 

 

今日、いまこの瞬間から、

「収入が上がる言葉」へチェンジするだけで大丈夫なのですから!!

 (^_−)−☆