今回は、

「FXならではの3つの魅力」をご紹介します!

 

  1. 少ない資金でも大きな投資ができる
  2. 不況でも利益が出せる
  3. 取引以外でもお金が溜まっていく

さっそく見ていきましょう!

 

1、少ない資金でも大きな投資ができる

1つ目は、「少ない資金で大きな投資ができる」ことです。

一般的に、株式投資は50万円〜100万円以上、不動産投資は数千万円〜億単位といった多くの資金が必要になります。

しかしFXの場合、数千円〜数万円という小額から投資が可能です。

なぜなら、

FXでは手元の資金以上のお金で投資をすることができる「レバレッジ」という仕組みがあるからです

 

レバレッジとは

「てこの原理」で小さな力で重たいものを動かすことを意味しています。

FXでは、少ない資金で大きな金額を動かすことで、大きなリターンを得られやすくなります

この仕組みはFXならではと言えるでしょう。

 

例えば、

資金が10万円あるとして、レバレッジを10倍かけるとします。

このとき、

10万円(資金) × 10倍(レバレッジ)=100万円

つまり、10万円で100万円分のFX取引ができるというわけです。

仮に1ドル=100円だとすると、

10万円で1万ドルを買えるということですね。

 

そして、

ドルが1円上昇したとすると、価値は101万円に上昇します。

レバレッジをかけたことによって、

1%の値動きで10%(レバレッジ10倍)の利益を得ることができます。

 

 

ただし!

このとき注意しなければならないのは、

利益が10倍になる反面、「損失の場合も10倍になる」ということです。

レバレッジを使うと、少ない資金で大きな運用をできる反面、

大きな損失をこうむるリスクもあることを覚えておきましょう。

ちなみに、国内のFX会社のレバレッジは最大25倍までと決められています。

 

 

2、FXは不況でも利益が出せる

株式投資や不動産投資など、

「買った後に相場が値上がりしたら売る」という手法は、

好景気か否かが大きく関係してきます。

一方、FXは、「相場が下落していても利益を出せる」という特徴があります。

なぜなら、FXは2国間の通貨の取引であるため、

円安や円高、不況など、どんな相場においても、

通貨の価値に変動があれば利益を狙えるからです。

 

 

 

FXの場合、上昇トレンドでも下降トレンドでも、

トレードの仕方によっては利益を得ることができ、収益のチャンスが広いのです。

※上昇・下降トレンド・・・相場がドンドン上がっている状態を上昇トレンド、相場が落ちている状態を下降トレンドと呼びます。

 

 

ではなぜ、上昇や下降のトレンドに関係なく利益を得ることができるのでしょうか。

それは、FXは外貨を「買う」という取引からだけでなく、

外貨を「売って後で買い戻す」という取引が可能だからです。

ちょっとややこしく感じるかもしれませんね。

 

 

例をあげてみましょう。

例えば、

  • 1ドル=102円のときに現実には保有していないドルを売り、
  • 1ドル=100円になった時点でドルを買い戻すと
  • 2円の利益になる。

 

このように、どんなに株式市場が低迷していても、FXは利益を出すことができるということです。

「実際にドルを持っていないのに売れるってなんで?」と不思議に感じるかもしれませんね。

でも、慣れてしまえばFXならではの魅力に気づくと思います。

まずは、FXは「買い」「売り」のどちらからでもエントリーできる

ということを覚えておいてください。

 

 

3、「外貨」を持っているだけでも、資金を増やせる!

FXには、

「外貨を買って持っているだけで、資金を増やすことができる」という

FXならではの特長があります。

 

これは「スワップポイント」と呼ばれるもので、

外貨を買ったり売ったりせず利益が得られる仕組みです。

 

 

スワップポイントとは

スワップ(swap)とは「交換する」という意味で、

スワップポイントは、取引を行っている通貨間の「金利差」のことです。

通貨にはそれぞれの国が定める政策金利があり、

例えば、日本の場合だと政策金利は年–0.1でマイナス金利ですが、

トルコリラの場合は年19.75%(2019年9月現在)という高金利です。

こうした2国間の金利差のことを「スワップポイント」、または「スワップ金利」といいます。

 

つまり、

高金利の通貨を買って低金利の通貨を売っている状態であれば、2国間の政策金利の差額分を利益として受け取ることができ、

低金利の通貨を買って高金利の通貨を売っている時は、逆に差額分を払わなければなりません。

スワップポイントは、高金利通貨を買い持ち続けることで、毎日付与されます。

また、スワップ金利は毎日変動し、FX会社によってスワップ金利は異なります。

 

 

では、実際にFXではどのくらいの金額がスワップポイントとして利益になるのでしょうか?

分かりやすい例として、

日本では1万円を預けると1日で1円の利子がつき、

アメリカでは1万円分ドルを買って預けると1日で3円分の利子がつくとします。

つまりアメリカドルを買えば、3円ー1円=2円の金利差を毎日受け取れるというわけですね。

逆にアメリカドルを売れば、

1円ー3円=-2円ですから、毎日2円分の金利差を支払わなければいけなくなります。(*´-`)シクシク

 

ただし、スワップポイントは預金とは違い、相場の値動きによっては元本がマイナスになることもあるので注意しましょう。

また、スワップポイントはFX会社によっても異なります。

スワップポイントを狙いたい人は、高いスワップポイントを提供しているかFX会社などをチェックしてみるといいでしょう。

 

 

銀行に100万円預けても、1年後に80円しか受け取れない⁉︎

ついでと言ってはなんですが、日本で預金した場合の金利を見ておきましょう。

2019年現在、日本での預金金利は0.01%です。

仮に100万円の定期を1年間続けたとしても、利息はわずか100円(*´-`)

さらに、約2割程度の税金が引かれるため、手元に残るお金は80円ほどになりますね

ATMで利用手数料がかかろうものなら、もうマイナスです。

 

預金は、何かあったときに頼りになるなど安心感を持っておけるものでもありますが、

ただ預けているだけではお金は増えない事実をしっかりと知っておくことも大事ですね。

 

世の中には、本当に様々なお金稼ぎの方法があります。

もっとも自分がいいと思う方法で賢くお金を増やして、

より自由度の高い人生を目指していけるといいですね!