「仕事がデキる人」と言われるにはどうすればいいのでしょうか?

 

仕事がデキる人デキない人の分かれ道になる仕事術。

仕事術の中でも、「PDCAサイクル」を取り入れている人は多いと思います。

 

うまく使いこなせると仕事のスピードと質を上げることができるため、多くの会社で研修していたりしますよね。

 

 

でも・・・

 

 

PDCAサイクルの回し方は習ったけれど、実際に出来ている人はほとんどいません

 

 

なぜ、

PDCAを取り入れていても仕事がデキる人と言われないのか?

それは、PDCAの前の大事なポイントが抜けているからなんです!

 

 

そこで今回は、

仕事がデキる人と言われるために「PDCAの前に必ずやるべきこと」

をお伝えしていきます!

 

 

 

 

仕事がデキる人

 

仕事がデキる人は、PDCAサイクルで仕事の質を高め目標を常に達成していますよね。

仕事がデキる人は、PDCAをする前に無意識に必ずしていることがあります。これをしているかどうかが、仕事がデキる人になる分かれ道!

 

 

それはズバリ、

仕事の全体像を把握することです!

 

 

 

仕事の全体像とは、次の3つを理解すること。

 

  • 全体のフロー
  • 仕事の目的
  • 一つの作業の意味

 

 

例えば僕はサラリーマン時代、電気設備の設計をしていました。

そのフローは、

企画→基本設計→実施設計→施工という流れです。

 

フローでまず把握しなくてはいけないのは、

  • 「エンドユーザーまで届くまでにどうなっているのか?」
  • 「このフローの中で自分が担当する仕事はどこの部分なのか?」

ということです。

 

 

この部分を把握することで、自分が行う作業に意味があることが見えてくるからです。

 

 

 

次は、「目的」を把握します。

例えば、「コピーを取ってくれ」と指示を受けたとしましょう。

 

 

ここで考えるべきなのは、コピーを取る目的です。

  • 会議に使う資料なのか?
  • 取引先に提出する資料なのか?

 

会議で使うならば、会議の目的を考えます。

  • 売上アップの作戦会議なのか?
  • 情報共有の会議なのか?

 

 

当然、「なんのために?」は異なりますよね。すると作業も変わります。

例えば、

経費削減のため両面コピーにするべきか、カラーで取るべきか、などを考えられるようになります。

ここを考えられないと単なる作業だけになり、それならロボットでもいいわけです。

 

 

自分の中で考えることができるようになると、コピーの取り方一つにしても仕事にバリエーションが生まれます(これがすごく大事)

大事なことは、

全体のフローや目的を把握すると、あなたの中に思考が生まれるということ

 

 

「今自分がどんな行動をすべきなのか?」を思考すると、任された仕事のもう一手先ができるようになります。

 

 

 

一つの作業に対してバリエーションが増えると、

質の高いP(計画)だったりA(分析)ができるようになります。

 

それによって、各フローで力を入れるべきところや、逆に「細かくしなくてもいいな」ということが分かるようになり、無駄な作業を避けることができます。

 

 

 

そもそもP(計画)がいい加減だったらどうでしょうか?

A(分析)の能力が低かったら?

完成される仕事の質は、お世辞にも高いとは言えませんよね。

 

質の高いPDCAを回すことができるようになるからこそ、

「仕事がデキる人」と言われるようになるんです。

 

固執しすぎてはダメ!

 

ただ、

「良いP(計画)を作らないと!」とか

「精度の高い分析ができなくては!」とか

その部分に固執しすぎる必要はありません。

 

 

PDCAサイクルは、改善を繰り返していくことだから失敗しても大丈夫です。

 

 

スピード最優先で早くやることの方が大事な仕事なら、誰かに聞いた方がいい場合だってあります。

質の高さを追求しすぎるあまり、計画を細かくしすぎて逆に時間がかかってしまったら・・・

そのフロー全体のスピードが落ちてしまいますよね。

 

 

繰り返しますが、大事なことはあくまでも全体像の把握です。

全体の目的や自分が行う仕事の意味を理解していればOK!

仕事を楽しむためにも、ぜひ実践してみてください!