今回は

「革靴転売」についてのお話です!

革靴転売で月10万円稼ぐ「ゆうやさん」との対談をまとめました!

 

  • 革靴転売とは一体どのようなものなのか?
  • どれくらい稼げるのか?

などを知ることができますよ(^_-)

 

▼対談の様子とゆうやさんを動画で見たい方はこちらから▼

 

スポンサーリンク

革靴転売はカメラ転売よりも楽!

僕自身、

会社員の頃の副業で中古カメラの転売をしていたのですが、カメラ転売は手間がかかりました。

ゆうやさんの話を聞いて「革靴転売の方が簡単そうだな・・・」と思いましたね(笑)

 

 

カメラ転売の場合、出品用の写真もスマホ撮影じゃダメなんですよ。

ちゃんと一眼レフでストロボたいて撮る、みたいに手間をかけないとダメでした。

 

 

それから、利益率も大きく違いますね。

  • カメラ転売・・・平均20%
  • 革靴転売・・・・平均40~50%

利益率20%って物販にしてはまだ良い方なのに、その倍以上ですね!

 

手取りでいうと、

カメラ転売(例)

仕入れ3万円が4万円で売れる➡︎手数料諸々引いて手取り8000円くらい。

革靴転売(例)

仕入れ3790円が14000円で売れる➡︎手取り1万円くらい。

 

革靴転売だと、「日給1万円稼ぐのに一足で可能」ってことですね。

 

 

革靴転売のいいところは?

ゆうやさんに教えてもらった、革靴転売のメリットは3つあります!

 

  1. 回転率の高さ(これビジネスですごく大事です!)
  2. 利益額
  3. ローリスクで始められる

 

1、回転率が高い!

 

ゆうやさんの場合、

「リーガル」っていう有名なブランドの靴を扱ったときは

出品して3分後に売れたとか…( ̄∇ ̄)早!

 

2、利益率がデカイ!

 

革靴転売の利益率は平均で約40~50%あるそうです。

カメラ転売の場合、最初は利益率8%を目標にして頑張って20%出せたら良い方です。

カメラ転売に比べると革靴転売は利益率が倍以上になりますね。

 

3、ローリスク!

 

少なくても3~4万円の仕入れが必要なカメラ転売に比べ、

革靴転売は一足の仕入れ値が高いものでも、5000円くらい

対談の際に持ってきていただいた靴も、2900円くらいとか(笑)

これだけ低く初期投資が抑えられるので、

初心者の方や有在庫であまりリスクを取りたくない方にはオススメですね。

 

 

革靴転売でどれくらい稼げるのか?

例えば、

先ほどの2900円で仕入れた革靴だと

「どれくらいで売れて」「どれくらいの手取りがある」のでしょうか?

ゆうやさんは、「9000円くらいで売れる」と見積もっていました。

 

つまり

仕入れ値・・・2900円

売り値・・・9000円

利益率・・・約67%

手取り・・・約6000円

凄いですね。

 

ちなみに月収は、

平均で15万円、頑張ったら20万円も可能ということです。

 

 

多くの人が副業やビジネスでつまづくのが「資金繰り」

ここをクリアするための回転率や利益率の高さは非常に重要です。

革靴転売は、

お金がない人やビジネスを始めたばかりの人にとってオススメですね!

 

 

革靴転売はどれくらい時間がかかるのか?

革靴転売をするにあたって、「どれくらいの時間を要するのか」もお聞きしました!

ゆうやさんは、休日の1日を使って仕入れに行くそうです。

 

ゆうやさんの仕入れの1日

9時スタート ➡︎ ランチをとりつつ、店を回り約12足仕入れ

➡︎ 19時半終了 ➡︎ 帰宅後、靴磨きと出品

 

休日の1日で出品できる状態にまでにしておき、平日は出品するだけというスタイルでした。

「毎日コツコツ継続型の副業」では毎日の時間をとるのが難しいサラリーマンでも、

休日に集中できたら助かりますよね!

 

また、

革靴転売のメリットは、先輩と一緒に「仕入れツアー」に行けることですね。

「これ仕入れたほうが良いよ!」といったことを手取り足取り教えてもらるからこ

再現性の高いビジネスになるんですね。

 

 

ちなみに、革靴転売は中古の靴を仕入れます。

「中古って売れるの?」と心配される方も多いと思うのですが、

対談時にゆうやさんに革靴を持ってきてもらった靴を見て

思わず「めちゃめちゃ綺麗じゃないですか!」と言ってしまうほどピカピカでした( ̄∇ ̄)

 

きれいに磨かれて、まったく中古には見えなかったですね!

「これなら売れるだろうな・・・」と納得したのでした。

 

人気記事【重要】革靴転売の完全講義【ど素人でも副業で月10万円】

人気記事【会社員限定】サラリーマンにオススメな不労所得の作り方【結論:不動産投資】