PLAY2LIVE(プレイ2ライブ)とは ICOでのLUCトークンについて徹底解説

PLAY2LINE(プレイ2ライブ)購入しました!
ということで先日ブログ記事書きました。
→まだ見てない方はコチラをクリック

そして、今回はもう少し
PLAY2LINE(プレイ2ライブ)ってどんなトークンなんだろう
ってことを徹底解説していきますね。

  • 目次

    1,LUCってなに?
    2,PLAY2LIVE(プレイ2ライブ)の特徴
    3,まとめ

1,LUCってなに?

まずeスポーツというものを知っておきましょう。

eスポーツとは、世界的に開かれるゲームの大会で
参加者はアマチュアからプロまでおり
競技人口は5500万人以上と言われています。

eスポーツはゲームがスポーツとして認められ
アメリカや日本でもゲーマーに対し
アスリートビザが発行されたことがあるのです。

そんなeスポーツは日本ではあまり馴染みがないですが
世界では約4億人の視聴者がいると言われるほどです。

今回のPLAY2LIVEは
eスポーツのファンとゲーマーの為に開発された
ブロックチェーンをベースにした
ストリーミングプラットフォーム
になるのです。

そしてこのPLAY2LIVEプラットフォーム上で使用されるトークンがLUC(LEVEL UP COIN)になります。

2,PLAY2LIVE(プレイ2ライブ)の特徴

PLAY2LIVE(プレイ2ライブ)では

・eスポーツを視聴する視聴者
・ゲームをプレイするストリーマー
・eスポーツの主催者

により成り立ちます。

①視聴者とストリーマーが繋がる

Play2LiveプラットフォームでLUCトークンを使い
視聴者が好きなストリーマーに決まった任務と
その報酬を設定することができます。

例えば、ストリーマーにゲームを
最も難しいモードでクリアするチャレンジをしてさせたり

ストリームを5時間維持し続けてもらったり
別のゲームのストリームをスタートするなど、

視聴者がストリーマーにやって欲しい事を
LUCトークンを報酬として依頼する事ができます。

ストリーマーはユーザーの依頼に完全に応える事が出来れば
全てのトークンを得る事が出来、依頼に対して
完全に応える事が出来なかった場合には獲得トークンが減ります。

②試合での賭けが可能

視聴者は試合をリアルタイムにストリームプラットフォームで見ながら
自分が好きなチームに賭けることも可能です。

③視聴者もLUCトークンがもらえる

ストリーマーが任務を完了出来たかの承認に関する総意は
ストリーム放送中の団体投票で行われます。
その団体投票で最も積極的な視聴者はLUCで褒賞を貰うことができます。


④主催者も報酬がもらえる

主催者は視聴者が支払ったLUCトークンから数%を得る事が可能です。
(主催者の報酬を差し引いた分が報酬としてストリーマーに支払われます)

PLAY2LIVEではプラットフォーム全体がゲーム化され、
視聴者は色んな活動で積極的に参加すればするほど
LUCトークンをを多く貰える
ことになります。

3、まとめ

今、仮想通貨の業界でも実現性なども踏まえて
将来性にも注目されてるeスポーツ市場です。

その注目の市場でゲーマー、主催者、視聴者の誰もが
トークンを稼ぎ出すことができるという画期的なモデル
となります。

PLAY2LIVEは既に多くの実績を持っており
2018年の2月には世界で95万人を超える視聴者が
参加するイベントを開催し成功を収めており

今後注目を浴びるプロジェクトになるのではないでしょうか。

★長谷川たくまとLINEでお友達になりませんか?★

“1700名が購読中のLINE@通信”では
ビジネス、投資の最新情報をお届け!!
もちろん仮想通貨情報も!!!

スマホ: https://goo.gl/pJG1Lr
スマホ以外 :「@takuma218」をID検索-!
(@をお忘れなく!)

★待望のメールマガジンが遂に、、、★
http://takuma-hasegawa.com/lp/kkg5.html
長谷川たくまの人生を変えた全てを公開中
新しい生き方ができる60日間の完全無料メールマガジン

長谷川さんLINEバナー 001 1

公式LINE@

メールマガジン

BLOG