情報化社会での情報の取り方

002

情報化社会といわれる今。
あらゆる情報が世に溢れかえってます。

また、自分から情報を取りに行けばいくらでも情報は手に入ります。

飛び込み営業が今の時代流行らないのも、
自分で調べれば分かるから、営業マンが煙たがられる訳ですね。

ただし、世の中の情報には有益な情報もあれば
情報発信者が自由に情報を配信できるように、間違った情報もあります。

では、どのようにしてあなたにとって有益な情報を最も効率よく取得できるのでしょうか?

  • 目次

    1,テレビ、新聞は見るな
    2,質のいい情報は人間関係から

1,テレビ、新聞は見るな

僕は新聞も読まないし、テレビが家にありません。
なぜなら、情報が歪められていることがあると言われているからです。

僕の知人で元新聞社で働いていた方がいるのですが、もちろん冗談ですが『新聞なんて日付しか合ってない』と言っていました。笑

それくらい真実の情報とは異なることがあるようです

メディアも企業であるので、自社の利益を追求することは間違えないので発信する情報にはある程度はバイアスがかかって当然かと思います。

また、受動的な情報の取り方になるため、ピンポイントで欲しい情報が得ることができません。

必要な情報、必要でない情報が流れてくるため、
あなたにとって必要でない情報でさえ見なければならず、非常に非効率な情報取得方法なのです。

2,質のいい情報は人間関係から

本、ブログ、SNS、ポッドキャスト、YouTube、電子書籍
また、セミナーに行ったり、コミュニティに参加したりといったような方法の方が非常に効率的です。より質の良い情報が手に入るのも確かです。

実際に僕も本を読んだり、YouTubeで常にビジネスの本質、成功者の考え方を学び続けていました。

しかし良い情報、生の情報は表には出て来ないのも確かです。

何か確認したりする時は必ず詳しい人に話しを聞きます。

実際、そうして直接聞いて見ると一般的に言われていることと全然違ったり、裏の話しを聞けることも多々あります。

最近で言えば、仮想通貨なんてまさにそうです。
世間では怪しい、危険といって誰も手に出したがらなかったです。

しかし、投資に詳しい知りあいに聞くと絶対に買っておいた方がいいというのです。

実際にその時買った5万円の1BTCは220万円まで上がったということもありました。

人間関係があるからこそ聞ける質の良い情報というのは多いです。
だからこそ、いつもリサーチの手順はこうです。

ネット、本、YouTube、SNSなどに基礎知識を勉強。
その後に、実際のことや裏話、予備知識を付けた上でさらに詳しい情報を仕入れるのです。

そうすることでより濃い生の情報を仕入れることができます。

まとめ

時間は有限です。この有限な時間をどのように使うかで人生は決まります。
そのためにも情報の仕入れ方は重要です。

効率的な情報の取り方をしましょう。
基本的にテレビや新聞は非効率です。

本、ブログ、SNS、ポッドキャスト、YouTube、電子書籍、セミナーに行ったり、コミュニティに参加したりといったような方法が効率的です。

また質の良い情報も手に入ります。
そして、生の情報を手に入れるためにも人間関係から情報を仕入れましょう。

その時、しっかり基本をリサーチし、次に生の情報を手にれることでより濃い情報を効率的に仕入れることができます。

★長谷川たくまとLINEでお友達になりませんか?★

“1300名が購読中のLINE@通信”では
ビジネス、投資の最新情報をお届け!!

スマホ: https://goo.gl/pJG1Lr
スマホ以外 :「@takuma218」をID検索-!
(@をお忘れなく!)

★待望のメールマガジンが遂に、、、★
http://takuma-hasegawa.com/lp/kkg5.html
長谷川たくまの人生を変えた全てを公開中
新しい生き方ができる60日間の完全無料メールマガジン

長谷川さんLINEバナー 001 1

公式LINE@

メールマガジン

BLOG