ブックメーカー投資 長期的に稼ぎたいなら〇〇〇を取れ!

86c80d91510b85df4cd741b05dfd5b2b_s

最近のブックメーカーの調子はいかがでしょうか?

今回、
『ブックメーカーで長期的に稼ぎたいならば、〇〇〇を取れ!』
という内容をあなたにお伝えしていきたいと思います。

まず始めに、ある男性からいただいた相談についてご紹介したいと思います。
あなたの日頃のベットと照らし合わせて読んでみてくださいネ!

先日、ある男性の方から、
ブックメーカーに関する相談のメッセージをいただきました。

「ブックメーカーをしているけど、
全く稼げないです、、、、。

継続的に勝ててても、負けると一気にマイナスになってなかなかプラスにならないです。

どうしたらいいですか?」

というような内容のメッセージをいただきました。

私はその方に、

・何の項目にベットしているのか?
・どれくらいの金額をベットしているのか?

など、相談者のベットの様子を伺いたく、少しばかり質問しました。

そして、
ブックメーカーをしている人には必ずと言っていいほど質問するあることを質問しました。

『あなたがベットしたもののデータは取っていますか?』

と、、、。

すると、
相談者は、

『いえ、取っていないです。』

とおっしゃっていました。

あなたは上記の男性が、
なぜ長期的に稼げていないのかお分かりでしょうか?

もちろん、稼げていない要因があなたが想像している以上にあるかもしれません。
例えば、オッズがあまりにも低い。
キャッシュアウトができていない。
疲れているのにベットしまくっている等。

しかし、
私が声を大にして言いたい一番の要因は、

『ベットしたデータを取っていない!』

ということです!

あなたはデータを取ることは、それほど重要でないと感じていると思います。

しかし、データを取らない人は、
絶対に長期的に稼げない!

と言い切っていいほど、データを取ることは重要なのです!

今回は、あなたが長期的に稼ぐために、

「データを取ることの重要性」についてお伝えします。

それだけでなく、
今回特別に、

あなたにデータを取る際の注意点や、
どういったところをデータに取ればいいのか?
等もお伝えしていきたいと思います。

今回の記事を読むことによって、
負けがありながらも確実にお金を増やしていくための
データの取り方を学ぶことができ、
すぐに日頃のベットのデータ取りに活かすことができますので、
最後までご覧ください^^

  • 目次

    (1)何のためにデータを取るのか?
    (2)データを取ると何が分かるのか?
    (3)どうやってとるのか?
    (4)まとめ
180428bc7eb4fa89eb9fa8c8fdf7fcbd_s
(1)何のためにデータを取るのか?

まず始めにどうしてデータを取る必要があるのか?

ということについて考えてみましょう!

正直に言って、
データを取るのってめんどくさいですよね。

テニスの経験があったから、
ルールも分かるし、どちらの選手がそのセットを取るのかも何となくわかるし、
データなんて取る必要ないでしょ!!

しかも、あまり労力なく稼ぎたいから、
データを取ることに時間を費やしたくない。

とおっしゃりたいあなたのお気持ちは分かります。

しかし、
長期的に稼ぎたいならば、
そのお考えは今日この瞬間までで終わりにしましょう!

まず始めにあなたにお伝えしたいのは、

あなたがベットしたものを可視化し、
改善ができるような状態するためにデータを取りましょう!

ということです!

「ん??」

と頭に?マークが浮かんではいませんか?笑

今からお伝えしますので、
一緒にデータを取ることの重要性について理解を深めていきましょう!

まず、何のためにデータを取るのか、その理由3つを挙げていきます。

例えば、あなたがテニスでサーブをもっと向上させたい!
と思っているならば、サーブのフォーム(姿)をビデオで撮影して、自分のフォームを確認することができます。
動画を見て確認することで、
ボールを打つ時のフォームやボールを打つタイミングや、
スピード等を確認することができますよね。

そして、再度改善したフォームを撮影して確認し、
再度改善点を見つけるというようにサーブのフォームを改善することができます。

しかし、

ブックメーカーに置き換えると、
試合の精査からベットまでの様子をスポーツの動作のように目で確認することができないので、データを取る必要があるわけです。

つまり、目で見えないものを見えるようにするために、データを取る必要があるのです。(理由①)

ブックメーカーを始めていきなり結果が出る方はいらっしゃいません。
当然ブックメーカーのスキルは、
身に着けるために練習が必要です。

そのためにも何がどう悪いのか改善していく必要があるのです。(理由②)

オッズが低いのか?
ベットタイミングが悪いのか?
キャッシュアウトのタイミングが遅いのか?
そもそもベットしている試合が悪いのか?

何が悪いのか分かるようにするために、
データを取らなくては改善のしようがありませんよね!!!

また、何のためにデータを取るのかというと、
人に見てもらってアドバイスをもらうためという理由も上げられます。(理由③)

なぜかというと、
今回の記事の始めに、ある男性の相談者の方についてお話をしたように、
データがないと詳細なアドバイスができないのです。


「僕のやり方が正しいかどうかチェックしてください!」

と言われ、

「わかりました!では、運用の仕方が正しいかどうか確認したいので、
あなたのデータを見せてください。」

とデータの共有をお願いしても、

「すみません、データはとってないです。」

と言われてしまったら、
あなたの運用が正しいか否か確認することができないですよね。

なので、人に見せられる状態の
データを取っていく必要があるのです。


また、正しく実践している「つもり」になっていて、実は正しく実践できていない人が、稼げていない人には多いです。

そのような人は、
データを取ってやり方が正しいかどうか、悪ければどこがおかしいのかチェックしてもらわない限りは修正できません。

つまり、データを取らないとどうなるのか?

というと、

稼げるようにならないです。

少し厳しいことを言うと、
データを取らないと、稼ぐことをあきらめている状態です。

短期的には運よく稼げることができるかもしれないですが、
データを取ると、自分がいつ勝率が高いのか?どのようなケースが得意なのか等の分析ができないので、長期的に稼ぐためにはデータを取っていく必要があるのです。

あなたが正しいと思っている運用方法が正しいのかどうか確認するために、
目に見えないあなたの精査からベットまでの一連の流れをデータに取り、
長期的に稼ぐために、人にアドバイスを求めながら、改善を重ねていきましょう!

大事なことなのでもう一度言います!!!


自分は正しく運用できていると過信するのではなく、
実際に稼いでいる人から評価を得るためにも確認してもらえるデータを取り、

稼げるスキルを身に着けていきましょう!

5aefe428dd2737b845c819e3d9824bd2_s
(2)データを取ると何が分かるのか?

データを取らないと長期的に稼げない!!!
データを取ることがブックメーカーで長期的に稼ぐ第一歩なんだ!と感じていただけたと思います。

では、データを取ることで何がわかるのでしょうか?

データから何がわかるのか?
という部分も理解していないと、どういうところをデータに残したらいいのかわかりませんよね。

つまり、稼ぐためにも意味のあるデータを残していきましょう。

データを取ることでわかることが大きく分けて3つあります。

①自分の癖
②弱いところ、強いところ
③手法別のパフォーマンスがわかり集中できる。

まずは、
①自分の癖がわかる点について、お伝えしていきたいと思います。
例えば、連勝が続けば資金も膨らんでいきますし、
もちろん複利で運用するため、ベットする金額も大きくなってきます。

そうなれば、
どれくらいのベット金額になればマネープレッシャーがかかってくるのか?

というあなた自身の癖をデータから読み取ることができます。

逆に、どれくらい連敗したらベットの調子が崩れていくのか?ということもデータに残しておけば分かります。

もし2敗したら調子が悪くなるということがわかっているならば、2敗して時点でその日はベットを終えるという対策を取ることができますよね。

もちろん、その分は負けを減らすことができます。
とにかく、ブックメーカーで稼ぎ続けるためには、

自分の癖を知る、つまり自分と向き合わないと稼げないです。

次にデータから②の弱いところ、強いところがわかるという点ですが、

データを取ることで、期待値を構成する、勝率、平均獲得オッズ、平均減額率を確認することができます。

▽▽期待値とは何か??▽▽

期待値とは何か?


例えば、あなたがテニスの手法でプラスで運用できていないのであれば、
勝率をあと何%伸ばせばいいのか?
平均減額率は大きすぎないのか?
平均獲得オッズは今の数値でいいのか?
など、手法別の理想のバランスと、あなた自身のバランスを比べ、どこが弱いのか、どこを維持すればいいのか?も分析することもできます。

最後に③点目の手法別のパフォーマンスに集中できるということですが、

複数の手法を運用していると、
それぞれのトータルの数値も確認することができます。

例えば、サッカーもテニスも試行しているならば、
トータルではプラスで回せているけど、足を引っ張っている、つまりあなたに向いていない手法の項目がどれなのか?といったことも確認することができます。

そのような確認が取れれば、
自分に向いていない手法を捨てて、得意な手法を一本でやって、試行回数を増やし経験値を上げていけばいいですよね。

データを取ることで、
自分が集中すべき手法が何なのか?ということも分かるのです。

データを取ることでわかることはすごく多いと思いませんか?

逆を言えば、データを取らないと
あなたの癖やそれに対する対策、弱点、強み、何の手法が自分に向いているのか?といった投資において必要なことさえも分析鵜することができないのです。

そのような状態で稼げると思いますか?

思いませんよね!!笑

データを取る重要性及びデータから何がわかるのか?が理解できたところで、
最後に「どのようにデータを取ったらいいのか?」の内容についてお話しますね。

また、データを取る上での注意点もお伝えしていきますので、
絶対に参考にしてください^^

ec8bcd972b791475f24ae64d5a79e619_s 1
(3)どのようにデータを取ればいいのか?

最後にどのようにデータを取っていけばいいのか?
という内容についてお話したいと思います。

そもそもどのようなデータを取っていけば、
修正に活かせることができるのか?
ということを知っておかないといけませんよね!^^

「さて、データとって改善に改善を積んで自分の癖や弱点を見つけるぞ!」

といきこんでいるあなたに特別のデータを取る際の注意点を含め、何を取るのかについてお教えしますね。

まずは、データを取る際のイメージをしていただきたいとので、
もう一度テニスのサーブの練習についてのイメージをしましょう。

例えば、
サーブの精度を上げたいと思って練習をしているとしますよね。
コートの四方八方にサーブを打っていき、どれくらい入るのかデータを取っていきます。
つまり、毎回毎回サーブの狙う位置を変えるのです。

このような状態でのサーブの練習はどれがうまくいってどれがうまく行っていないかわからないと思いませんか?

ずっと同じところを狙ってサーブを打ち続けることで初めて、
的を狙えているときと狙いが外れているときの違いが分かり、修正点が見えてくるのです。

狙いがバラバラだと、一本前のサーブの打ち方と、
今回のサーブの打ち方から改善点を見つけることができませんよね!?
だって、狙いがバラバラなんだから、、、

つまり、定点観測をしながらデータを取っていきましょう!とういことです。

では、ブックメーカーで定点観測とは何なのでしょうか?

それは、

やり方(狙い)を固定する!

ということです。

例えば、テニスのゲームウィナーにベットするならば、
0-0のカウントでベットするのと、
15-0のカウントでベットするのでは固定できていないですよね。
カウントによって求められるオッズも、減額率も勝率も違うので、
2つのカウントでのベットデータが混ざっていれば、
何が悪いのか判断しづらいのです。

毎回毎回狙いを変えるのは、
データとしては全く意味を持たないので、
狙いをしっかり固定しましょう!^^

また先ほど、データ取るのはなぜか?という項目で、
改善をするためとお伝えしました。

ベット時のオッズ、金額、リターンはBET365のヒストリーを確認したらわかります。
エントリーしたタイミングは確認できないので、
自分がいつベットしたのかをデータとして残しておくとよいでしょう。

また、どうしてベットしたのかの根拠等をデータに残しておくと、
後から見返したときに、勝てているパターンを把握することもできますよね。
逆を言えば、
負けているパターンも把握できるので、
そのパターンにあたったらベットを見送り負けを減らすことができるのです。

自分がベットしようとした根拠と、実際の勝率のズレを修正するためにも、
ベットした根拠やその時どのように感じたのか?を残しておく必要性は非常に高いです。

データを取るときは、狙いを固定して取るようにしましょう!
でないと、せっかく取ったデータも意味がありませんよね。

また、あなたのベットの根拠やその時の考え等を残しておくと、
今後のベットにかせますし、ある意味あなた自身の『ノウハウ』になるので、
残す価値はすごく高いです^^

5966d87873f32137fb50d515_720_480
(4)まとめ 

データを取る重要性にお気づきいただけましたでしょうか?

ある男性の相談者の方のお話をしましたが、
しっかりとデータを取りながらブックメーカーをしている方は本当に少ないと思います。

ブックメーカーの講師の方でさえ、
毎度どのような項目にどのようなタイミングでどのような考えをもってベットしたのか?といったことをデータに残すことを怠らないくらいです。

ブックメーカーの初心者、もしくはブックメーカーで稼げていないあなたが、
データを取る必要がないと思いますか?

長期的に稼いでいくためには、
絶対に今後データに残していきましょう!

何のためにデータを取るのか?
データから何がわかるのか?
データを取る際の注意点や項目等をお伝えしてきましたが、
今後データを残す上でたまに私の記事を見返し、
データの取り方が合っているのかどうかを確認していただきたいと思います。

くれぐれも正しく運用している「つもり」で運用を続けないでください。

また、実は、他にもデータを取ったほうがいい項目等がまだまだありますが、
この記事内ではお伝えしていません。

もし、残しておいた方がいいデータ項目を知りたければ、
私にメッセージをいただけばと思います。

頑張っていきましょう!!!

★長谷川たくまとLINEでお友達になりませんか?★

“1165名が購読中のLINE@通信”では
ビジネス、投資の最新情報をお届け!!

スマホ: https://goo.gl/pJG1Lr
スマホ以外 :「@takuma218」をID検索-!
(@をお忘れなく!)

★待望のメールマガジンが遂に、、、★
http://takuma-hasegawa.com/lp/kkg5.html
長谷川たくまの人生を変えた全てを公開中
新しい生き方ができる60日間の完全無料メールマガジン

長谷川さんLINEバナー 001

公式LINE@

メールマガジン

BLOG