とあるラーメン屋のサラリーマン2人の会話から、、、

どうも、長谷川です。

先日、予定が押して晩御飯が遅れたので家の近くのラーメン屋に行きまいした。

その時に、サラリーマンの時をガツンッと思い出される出来事があったので書いていきたいなと思います。

 

gemma-evans-64661

夜も遅く、飲み終わりのサラリーマン2人の会話を聞いてた時のことです。

上司 『あいつにはもっと頑張って欲しいと思ってるんだよ』
社員A『そうですよね。あいつ今の仕事すごいチャンスだと思います。』

上司 『そうなんだよ。だからこそ、俺は敢えて何も言わずチャンスを感じ
    て自分でもっと主体的に動いて欲しい』
社員A『確かにそうですよね。今だといまいち言われたことだけをしてせっ
    かくのチャンスをものにできないですよ』

上司『仕事が増えるとかりがどうだとか関係なく会社のためと思ってやって
   いることは全て寛容に受け入れて来た』
  『これはみんなにも言えることだけど、もっとガンガン主体的にやって
   いって欲しい』

と上司がこぼしていたのを聞いていました。

僕が会社員の頃、まさに言われたことだけをこなす『あいつ』だった訳です。

言われたことしかやらないのではなく、
意図的にやっていないのです。

なぜなら、余計なことをやっても仕事が増え、時間がなくなり自分を苦しめるだけだからです。

同じ給料がしっかり得ることもできる。
仕事を必要以上に頑張ることのメリットを感じれなかったからでしょう。

誰が出世するか、それは結局どこの大学で上司が誰かでほとんど決まります。

とても偏見かもしれないですが、僕はそうでした。
ここで言われている『あいつ』の気持ちが物凄く分かります。

でも、一方で頑張れるのに頑張ろうとしない自分も嫌いでした。
人より楽して言われたことだけやってる自分がどんどん腐っていく感覚もありました。

だからこそ、僕は起業を選んだのだと思います。
自分がやったらやった分だけ返ってくる。

それなら自分らしく生きていけると思ったからです。

この会社員への考え方は個人のものであって
僕が思っていたことではありますが、

もし、どこか現状に不満があったり、このままではいけないということがあれば是非行動を起こしてみてください。

そのままでは過去の僕のようにどんどん腐っていくかもしれません。

もっとあなたの願望に素直に生きてもいいはずです!

★長谷川たくまとLINEでお友達になりませんか?★

“1165名が購読中のLINE@通信”では
ビジネス、投資の最新情報をお届け!!

スマホ: https://goo.gl/pJG1Lr
スマホ以外 :「@takuma218」をID検索-!
(@をお忘れなく!)

★待望のメールマガジンが遂に、、、★
http://takuma-hasegawa.com/lp/kkg5.html
長谷川たくまの人生を変えた全てを公開中
新しい生き方ができる60日間の完全無料メールマガジン

長谷川さんLINEバナー malmag

公式LINE@

メールマガジン

BLOG