お客さんにYesと思わせる秘訣(3つのONE)

Yeses

セールスレターなど、
ビジネスで何か文章を書くときには
「3つのONE」を意識することが重要です。

「3つのONE」とは

・One Market(ワンマーケット)
・One Message(ワンメッセージ)
・One Outcome(ワンアウトカム)

のことです。

これは、

・1つのマーケット(One Market)に
・1つのメッセージ(One Message)を伝え
・1つの出口(One Outcome)を作る

ということです。

この3つのONEそれぞれについて具体的に解説していきます。

  • 目次

    1,One Market
    2,One Message
    3,One Outcome

1,One Market

「One Market」とは、
あなたのターゲットとする市場を、1つに絞るということです。

あなたが、稼ぐ系の情報配信をしていたとします。

この場合、ダイエットに興味のある女子高生に
稼ぐ系のセールスレターを送っても意味がありません。

あなたがターゲットとしていない女子高生が、
もしあなたの送ったセールスレターに反応してくれたとしても、

そもそも稼ぐ系の情報配信をしているあなたは
女子高生はビジネス対象にはなりません。

つまり、One Marketにしないと、
反応すべきでないお客さんを引き寄せ、

本来引き寄せたいと思っていたお客さんを引き寄せられなくなります

当然、成約率も下がってしまいます。

稼ぐ系に興味を持っているメルマガ読者(リスト)が
すでにあればそこに送る、というのもワンマーケットです。

できる限りターゲットとなる市場を絞っていきましょう。

2,One Message

「One Message」というのは、
1つのレターで伝えるメッセージは、1つに絞るということです。

たくさん伝えたいことがあっても、レターを受け取ったお客さんは
いろんな情報が一度に入ってくると混乱してしまいます。

「結局何が伝えたかったの?」

ということになってしまいますので
1つのメッセージに絞るようにしましょう。

メルマガ読者(One Market)に
「アンケートに答えてください」とメッセージを絞るのもOne Messageです。

ここで、コビーライティングを学ぶと
よく聞くキーワードをお伝えしておきます。

「混乱した脳は常にNOと言う」

つまり、混乱した状態でお客さんは商品を買ってくれません。

1つのメッセージがあらかじめ定まっていれば、
文章の中で話が多少、横道にそれても
脳は軌道修正してくれますので、1つのメッセージがしっかりと伝わります。

あなたが伝えたいメッセージは1つに絞り
お客さんが混乱することの無いようにシンプル伝えるようにしましょう。

3,One Outcome

「One Outcome」とは
1つのレターでの出口を1つに絞るということです。

メルマガ読者(One Market)に
「アンケートに答えてください」(One Message)であれば、

アンケートに答えてもらうリンクだけ貼る(One Outcome)
ということです。

「アンケートに答えてください」(One Message)と言っているのに、
他の商品のサイトリンクへ飛ばされても

お客さんは意味不明→混乱→「NO!!」という流れになってしまいます。

混乱した脳は常にNOと言います。
「3つのONE」は繋がっています。

・1つのマーケット(One Market)に
・1つのメッセージ(One Message)を伝え
・1つの出口(One Outcome)を作る

「3つのONE」を意識することで、お客さんの反応も取れて
成約率を最大限高められるようになります。

「3つのONE」を心がけて文章を書くことで
コピーライティングスキルを向上していきましょう。

★長谷川たくまとLINEでお友達になりませんか?★

“1400名が購読中のLINE@通信”では
ビジネス、投資の最新情報をお届け!!

スマホ: https://goo.gl/pJG1Lr
スマホ以外 :「@takuma218」をID検索-!
(@をお忘れなく!)

★待望のメールマガジンが遂に、、、★
http://takuma-hasegawa.com/lp/kkg5.html
長谷川たくまの人生を変えた全てを公開中
新しい生き方ができる60日間の完全無料メールマガジン

長谷川さんLINEバナー 001 1

公式LINE@

メールマガジン

BLOG